元気だけん!くまモン県プロジェクト

番組情報

7月に球磨川流域で起こった豪雨災害から約2か月、復興に向かって活動する被災者の元へ向かった元気隊。土砂や漂流物は取り除かれていますが、まだまだ人の手は必要です。

八代市坂本町の道の駅坂本に向かった元気隊、ここの施設はほぼすべてが豪雨により床上浸水した場所で、職員らの手によって土砂や漂流物はかなりの量が取り除かれていました。

 しかし、周辺の樹木の枝には漂流物が残されたまま、また、休憩施設は屋内の洗浄が先送りされた状態でした。元気隊は施設周辺の清掃活動と施設内の洗浄作業をお手伝いしました。

 洗浄と言っても室内です。外壁や屋根を洗浄するのとは訳が違いました。

KAB熊本朝日放送「元気だけん!くまモン県プロジェクト」(毎週水曜よる8:57~9:00)で
以前に放送された動画はYouTubeチャンネルでも配信中!

戻る